HomeHome.html
PublicationsPublications.html
Research
Prof. UEDAProf._UEDA.html
MembersMembers.html
FacilitiesFacilities.html
Lab lifeLab_life/Lab_life.html
LinksLinks.html

Research

 

生物が生産する天然有機化合物は、

多彩な構造と生物活性を有しています。


特に日本の天然物化学は「お家芸」と言われており、

日本での有機化学研究の黎明期に、

有機化学第一研究室の初代教授 真島利行先生によって

漆の成分ウルシオールの構造研究が行われて以来、

多くの天然物が構造決定・合成されてきました。


一方で近年、欧米を中心にケミカルバイオロジー(化学生物学)

化学の中核分野として台頭してきました。

現代では、伝統的な天然物化学を最新のケミカルバイオロジーと融合することが強く求められています。


天然物のユニークな生物活性を活用したケミカルバイオロジー研究は、

化学による生物制御、生物現象の化学的解明などにつながり、

ユニークな成果を生むと期待されています。


当研究室では、以下の4つの大きなテーマと、新規方法論開発に取り組んで研究を続けています。

植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー

ドラッグデザインに基づく
植物ホルモン受容体サブタイプ選択的アゴニストの開発Research_1.html
植物ー微生物間相互作用に関与する
生物活性天然物のケミカルバイオロジーResearch_2.html
植物の生命現象に関与する
生物活性天然物のケミカルバイオロジーResearch_3.html
ステロイド配糖体アグリコンをベースとした
新規生理活性物質の探索Research_4.html
天然物ケミカルバイオロジーの
新方法論開発Research_mthd.html
Research_2.html